「Bird House」 焼杉見学

こんにちは!

 

無事にSTaDホームページのメンテナンスが完了しました!

 

今後とも何卒宜しくお願いします^^

 

 

 

「Bird House」 宇都宮市 木造2階建

 

 

写真 2017-09-09 12 01 31

 

 

先日、外壁材として使用する焼杉の加工現場を、お施主様と打合せ終わりに見学しに行ってきました!

 

お子さまも興味深々^^

 

日本古来からある外壁材で、あらかじめ表面を焦がし、炭化状にしておくことで

 

耐火性が向上し、また、風雨にさらされる杉板の耐久性を高める役割も担ってくれます。

 

 

写真 2017-09-09 12 05 02

 

 

三角焼きと呼ばれる加工方法で、杉板を三角に束ねて縛り、

 

新聞紙等の着火元を詰め、下部から着火します。

 

規定時間、内部を燃焼させ、時間がきたら木材を倒し水で冷却。

 

加工は完了です。

 

 

写真 2017-09-09 12 01 46

 

 

炭化状の部分が塗装に比べて厚みが増すため、耐久性が高く、色落ちもしにくいのも特徴。

 

焼いた杉板の炭部分が徐々に落ちてくると、木目(年輪)が浮き出てきて、

 

より味わいのある容姿になっていきます。

 

 

外壁に施工されていくのが待ち遠しいです!!

 

進捗お楽しみに^^

 

 

それではまた。

 

 

STaD(スタッド) 株式会社鈴木貴博建築設計事務所

 

http://stad.jp.net/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です