「光と影の家」 7月完成予定

 

 

「光と影の家」 宇都宮市  木造2階建て

 

 

 

 

自然光の受け入れ方や

 

周辺建物からの影の落ち方を

 

配慮するとともに

 

インテリアについても

 

「陽」と「陰」の空間を

 

組み合わせた設計。

 

 

建物形状や外構工事の計画により

 

周辺からの視線を遮り

 

気兼ねなく中庭で

 

友人知人が集えるお住まいです。

 

 

 

 

自然×アソビ×デザインの3つ観点からさまざまな楽しい工夫が盛り込まれています。

 

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です