「山並を望む家」

 

 

 
                                 「山並を望む家」

                               愛猫と自然と共生する暮らし

 

 

22

 

 

南北の伸びやかな敷地から、北へと視線を伸ばすと、栃木県特有の雄大な山並みを望むことができる立地です。

 

建物形状を、中庭を囲むようなくの字にすることで、道路面からの視線を遮るだけでなく、南側に配したリビングからも山並みを望むことができ、

 

また愛猫と共生するプライベート空間を確保することができます。

 

 

5

 

 

 

直交する梁を突き抜けるような、連続する化粧垂木をご提案しました。

 

セミオーダーキッチンをお住まいの中心に配置し、中庭を眺めながら調理できる他、リビング、ダイニング、サニタリー、寝室、2階へと

 

アクセスしやすくすることで、生活動線を考慮した空間構成としました。

 

 

 

10

 

 

 

化粧垂木の大空間であるLDKには、愛猫の足腰の負担を考慮し、幅広パイン材フローリングと珪藻土を採用し、

 

優しくも健康なしつらえにしました。

 

タモ材でのオーダーメイド家具の他、麻縄を巻いた爪とぎ用の柱に、互違階段の形成、

 

化粧梁やダクトカバーで愛猫専用のキャットウォークをご提案致しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

所在地 宇都宮市下川俣町

内  容   化粧垂木 キャットウォーク 互い違い階段 猫ドア

規  模   地上2階

設計・監理・デザイン・撮影  STaD

 

 



コメントを残す