「TWIN BOX」

 

 

 

                          ディティールを重ねた緻密な収まり空間
                             

                               「TWIN BOX」
                           

                           ~アイデアを32坪に詰めた住まい~

 

 

 

29

 

 

 

コンパクトプランの中にも、南側からの採光が十分に期待できる立地条件を活かせるよう、BOX型の外観形状にデザインしました。

 

TWIN BOXという名前の通り、

 

道路から生活空間を閉ざした形状を作りながら、

 

南側には大開口を配し、自然光や緑を全面に感じられるメリハリをつけた設計としました。

 

 

 

4-3

 

 

 

LDKを南面に配し、庇と太陽光で調和された穏やかな自然光を感じながらも、東西南北へ風が抜けるような、窓デザインとしました!

 

自然素材で包まれるやわらかな空間には、タタミコーナー下に布団を敷くための床を延長できる作りの隠し収納から、

 

キッチン廻りの造作収納、階段下収納等、収納を中心とした機能性と、

 

細部のディティールまでこだわるデザイン性が融合する、緻密な収まりの空間構成です!

 

 

 

7-a

 

 

 

軒裏に杉板を配した庇が、伸びやかに四季折々の風景を切りとります。

 

居室空間には、オーク材無垢フローリング、珪藻土の壁が本物の質感を高めた他、

 

空間アクセントに黒板塗装を設け、シンプルなデザインに子供達の遊び場も添えました。

 

 

 

 

 

 

 

所在地 宇都宮市下川俣町

内  容   スクエア型 自然素材 オーダー家具

規  模   地上2階

設計・監理・デザイン・撮影  STaD



コメントを残す